ケノンに副作用はあるの?ケノンの副作用は何?

ケノンは高機能で脱毛効果が高く、なおかつ安全に使える家庭用脱毛器ですが、
安全と言っても、使い方を間違えれば安全なものも安全では無くなってしまいます。

 

ケノンを使用する際には注意点が何点かあるので、間違った使い方をしないようにしましょう。

 

ケノンは注意事項を守って使用していれば副作用は特に気にする必要がない、
安全な家庭用脱毛器です。
副作用というよりも、間違った使用方法で起こる肌トラブルに気をつけてくださいね。

 

いちばん注意したいのがやけど。

肌の弱い人が最初から高レベルで照射すると、火傷をする恐れがあります。
また、粘膜の弱いIOラインも。(IOラインはメーカー非推奨なので自己責任での使用となります)
鼻下の脱毛では唇も気をつけなければいけません。

 

最初にケノンを使う際や粘膜の弱い個所を脱毛する際は
しっかりと冷却し照射レベルを気をつける事で火傷などの心配はほとんどないですよ。

 

照射後にもしっかりと冷却しましょう。

 

乾燥肌を引き起こさないために

ケノン使用後に注意しなければいけないことのひとつに保湿があります。

 

乾燥肌を引き起こさないためにもケノンで照射後の保湿は大切です。

 

脱毛後はフラッシュ光をあてることにより乾燥しやすくなっています。
しっかり保湿しないと、乾燥肌を引き起こす原因となってしまい、
肌が乾燥している状態は肌機能が低下している状態なので、
シミなど肌トラブルを引き起こす原因ともなってしまいます。

 

ケノンを照射後に保湿をしないと乾燥を引き起こし、
乾燥するとシミやしわができやすくなってしまう。ということですね。

 

これはケノンで照射することによる副作用と言えば副作用ですが、
しっかりと保湿をしていればこれも心配はないので安心してください。