ケノンの痛みはどんな痛み?

 

家庭用脱毛器の中でも痛みが少ないのがケノンですが、
そうは言っても全く痛みがないというわけではないですし、痛みの感じ方によっても、
また肌質によっても痛みは変わってきます。

 

わたしは高レベルで照していますがケノンで射脱毛している時に痛いと感じた時は、
Iラインなどデリケートゾーン以外ではほとんどないのですが、
照射レベル3とかの低レベルでの照射でも痛みを感じる方が居るようなので注意してください。

 

ケノンで痛みを感じる時はどんな時か?

 

痛みに弱い方や敏感肌の方は特に痛みを感じやすいかと思いますが、
そういった方でも、次のことに注意すれば痛みは最小限に抑えられるはずなので参考にしてください。

 

ちゃんと保湿する!

 

痛みを感じやすい原因に、肌の乾燥があります。
肌が乾燥していると、外部刺激に弱く敏感に反応してしまいますので保湿が重要なんです。

 

乾燥肌の方は常に保湿する事を意識して、ボディーローションやボディークリームでケアしましょう。
しっかりと保湿された肌は実は脱毛効果もUPします。
保湿されると肌のターンオーバーが整うので、それだけ肌がきれいになりますし一石二鳥ですよ!
保湿された状態と乾燥している状態とでは痛みの感じ方が全然違います。

 

購入後、ケノンを使用してみて、あ、なんか今回いつもより痛いかも?
と思ったら、肌が乾燥しているサインかもしれません。

 

ちゃんと冷やす!

 

ちゃんと冷やさないで照射するのは危険なので、必ず冷やしましょう!
痛みが少ないケノンを言えども、これは大事です。

 

冷やし方によっても痛みの感じ方はかなり違います。
特に高レベルで照射する際は注意してしっかり冷やしましょう。

 

わたしは、毎回きっちり冷やしているので全くと言っていいほど痛みはないです。

 

クールダウンもね!

 

とくに乾燥肌のかたはクールダウンもしっかりしましょう!照射後の肌は熱を浴びてとても乾燥します。
その熱をはやく取り除くためにも、照射前と同じように冷却ジェルでしっかりと冷やしてくださいね。

 

ケノンの痛みはどんな痛み?

 

ずばり、ゴムパッチン!

 

わたしは特別痛みに強い訳ではないけれど、普段はきっちり冷却しているので全然痛みは感じません。
でも、デリケートゾーンを高レベルで照射した時には冷却が甘かったか?一瞬ビックリするくらい痛かったです。

 

ビックリするくらい痛いといっても、そんなに強い痛みではなかったのですが、
ケノンで痛みを感じた事がなかったので、初めて痛みを感じた事にビックリした。というところかな?

 

ただ、その時に「これはまさにゴムパッチンの痛みだ!」と感じたのです。

 

痛みに弱い方は、試しに輪ゴムで軽〜く腕や足にゴムパッチンしてみてください。
なんとなくどんな痛みか想像出来ると思いますよ。